次の定例会が10時半からなのか1時からなのか、いまいち記憶が曖昧な駄犬です。とりあえず熊本に戻り次第、幸田公民館に確認しに行かなきゃなぁ。

 前回の定例会はGM予定だったべべどんに急用が出来たためピンチヒッターとして予備卓を準備していた自分こと駄犬がGMをつとめさせていただきました。シナリオ名『ロミオとジュリエット』。
 参加PLは6名。正直アリアンロッド2EどころかアリアンロッドのGMすらろくにやったことないので戦闘バランスとか全く自信はない。ついでに今回予告とかハンドアウトとか準備してなかったので参加者への説明は大雑把にならざるをえない。

GM「今回はジュリエットの依頼でロミオを助ける話です」
プレイヤー「助けるのは男かよ。PCはお金貰えばいいけど、PLのモチベがあがんねー」

おまいらイケメンに「僕の彼女を助けて欲しいんだハハーン」とか言われたいのか?

GM「そういえばジュリエットの家の名前ってなんだっけ?」
プレイヤーA「ちょっとまって調べる」
プレイヤーB「ザビ家でいいんじゃね?」
プレイヤーA「ジュリエットはキャビュレットだ。ロミオがモンターギュ」
GM「せっかく調べてもらったけど、面白いのでザビ家で」

 そんな感じでシナリオは始まった。始まってしまった。


 一同が酒場でたむろしてると、ある張り紙を見つける
「うちの娘探してください」キシリア・ザビ
PC1「酒場のマスターに仕事がないか聞いてみます」
 見なかったことにしたらしい。

 んで、マスターに紹介されたジュリエットからの依頼でロミオにかけられた呪いを解くためにザビ家の森の中にあるという解呪の泉を目指す一同。
 ちなみにこのダンジョン、本来はらんま1/2に出てくる呪泉郷のような感じで大量の泉を出そうかと思ったのだが、そこまで作り込み出来てなかったため即席で準備したふつーの遺跡である。
PC2「遺跡の前で足跡とか調べたいんですけど?」
GM「んじゃ判定するまでもなく遺跡の入り口に鳴子が仕掛けられてるのに気づくねぇ」
PC3「それじゃ解除します」
 計 画 通 り !
GM「では鳴子の前に仕掛けてあった落とし穴が発動します。判定してね」
 が、残念ながら見事に判定で回避成功。続いて鳴子の解除にも成功する。ちっ。
PC4「しかし油断ならないな。しっかり隊列決めていこうか」
 
んで隊列きめて進んだ直後、鳴子の先に仕掛けられてた落とし穴に落ちる先頭二名。

 計 画 通 り 2 !

 とはいえ事前に考えてた罠はこれだけなのでダンジョン内にはほとんど仕掛けていなかったのだが、最初で警戒心を煽りすぎたのかダンジョン内をめちゃめちゃ警戒して進む一同。さすがに申し訳なくなって通路にランススリットを追加したもののあっさりと解除される。まぁ、そりゃそうだ。
 
 んでPL六人ってのも俺の予想を上回って強力だったため、登場したエネミーはほぼ瞬殺。ラスボスであるアイアンゴーレムも一人として戦闘不能に追い込むことなく破壊されてしまった。
 そして訪れる解呪の時。

 呪いによって力士の姿に、そしてダンジョン内のとあるイベントによってそこからプロレスラーへと姿を変えていたロミオがようやく元の姿へ戻る時がきたのだ。
 空気が抜けるように全身がしぼみ、成人男性のシルエットへと変わる。
 その肌は透けるように白く、そう透けるように……向こう側が透けて見える感じで……
PC2「エネミー識別します」
GM「スライムヒューマンってオリジナルエネミーです。フェロモンを出して錯覚させて人間を捕食する感じの。
   エキストラなんで倒すって言えば倒されます」
 かくしてロミオは倒され、ジュリエットはザビ家に連れ戻されたのであった。ちゃんちゃん。


スポンサーサイト